2010年06月11日

民主との連携あり得る=舛添氏(時事通信)

 新党改革の舛添要一代表は4日午後、民主党の新代表に菅直人氏が選出されたことについて「小沢一郎氏の影響力がそがれるなら、民主党の良識ある人と一緒にやることはやぶさかでない」と語り、将来の民主党との連携に前向きな考えを示した。また、「一緒に政界再編をしようというなら、あらゆる可能性を模索する」と述べた。
 ただ、「今の民主党マニフェスト(政権公約)では駄目だ」と指摘。連携する場合は民主党の政策変更が前提になるとの立場を示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真ニュース〕民主代表に菅氏、午後「菅首相」誕生へ

<裁判員裁判>強盗致傷の被告供述翻す 難しい判断に 東京(毎日新聞)
代表選出馬を正式表明=民主・樽床氏(時事通信)
閉校の朝鮮高級学校で不審火=放火とみて捜査―山口県警(時事通信)
「みんな討ち死にだ」民主・参院改選組に危機感(読売新聞)
「経済成長」と「財政再建」で意見交換−民主議連・国家財政考える会(医療介護CBニュース)
posted by オオバ トキオ at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。