2010年05月26日

<掘り出しニュース>潮干狩り早くもピンチ GWに市民殺到、貝は絶滅寸前(毎日新聞)

 【神奈川】川崎市が先月末に半世紀ぶりに解禁した東扇島東公園(同市川崎区)の潮干狩りが、早くもピンチを迎えている。ゴールデンウイーク(GW)に市民が殺到したため「不漁」となり、市の担当者は「このままでは禁漁もあり得る」と頭を抱える。阿部孝夫市長は18日の定例会見で「あくまでも天然で」とこだわりを見せ、養殖の貝は放流しないという。

 市によると、4月29日の解禁日から5月5日までの間に、約2万5000人が訪れた。GWの終盤には沖の方まで行かないと取れず、ここ数日は、市が採取を認めている2センチ以上の貝は、ほとんど取れない状態だという。市は15日から公園入り口に「貝がとても少なくなっています」との看板を設置した。

 市は放流することも検討したが、コストや管理などの問題で難しいと判断。阿部市長も「放流することで、生態系を壊す可能性もある」と話している。

 それでも話題となっただけに、平日でも市民が潮干狩りに。川崎区の会社員、渡辺純哉さん(34)は18日夕、仕事帰りにスコップやくま手持参で訪れ1時間近く浜辺を探したが、貝殻しか見つからなかった。「こんなに取れないのは初めて。おみそ汁1杯分ぐらいは見つけたいと思ったのに……」と残念そうな様子だった。

 同公園の管理人をつとめる斎藤芳雄さん(67)は「来年また楽しむためにも、小さい貝は取らないで」と改めて注意を呼びかけている。【川端智子】

石垣市長、小田原市長の所信表明演説を引用(読売新聞)
『GT5』がMove対応? SCEAの「おすすめ商品リスト」が紛らわしい件
「韓米大統領選がある2012年の戦作権移譲は不適切」…ハンナラ党代表
鳩山首相「国民のおしかり反省」=政権運営への意欲強調−就任半年
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
posted by オオバ トキオ at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。