2010年03月23日

参政権法案、提出断念へ(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国会対策委員長は18日夜、都内の韓国大使館で権哲賢大使と会食し、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について、国民新党が反対していることから政府提案で今国会に提出することは困難との考えを伝えた。

 権氏が同法案の早期成立を重ねて求めたのに対し、山岡氏は「参院選が控えているので今国会ではできない。タイミングを逸した」と語った。この発言について、出席者の一人は議員立法も含めて提出は難しいとの認識を示したが、別の出席者は「議員立法まで無理だとは断言していない」と語った。

 出席者によると、山岡氏は付与法案について、民主党の小沢一郎幹事長が1月上旬、政府提案とするよう政府側に要請した経緯を説明。国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が今夏の参院選に向け、参政権付与法案への反対を掲げている経緯を踏まえ、参院選までに調整することは困難との見通しを示した。

 会合には山岡氏のほか参政権付与を推進してきた民主党の川上義博参院議員、社民党の辻元清美国土交通副大臣、国民新党の下地幹郎国対委員長らが出席した。

【関連記事】
石原知事、外国人参政権「絶対反対だ」 都議会で答弁
外国人地方参政権 亀井氏「法案提出なら連立解消」
外国人参政権、海外の実態は? 単純比較は不可能…日本固有の事情で議論を
まるで異国?! 定住化進む池袋チャイナタウン
青い目の議員たち 日本国籍で得た重き一票
20年後、日本はありますか?

「うれしく思う」と両親=楓ちゃんに卒業証書で−奈良女児殺害(時事通信)
わいせつ雑誌を河原へ投棄、巡査長に罰金10万(読売新聞)
大学生の生活費、8年前より3割ダウン 年62万円…食費、光熱費を切り詰め(産経新聞)
<地震>茨城県で震度3=午後7時27分(毎日新聞)
石川県知事選 谷本氏V5でまたもや全国最多選(産経新聞)
posted by オオバ トキオ at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。